助産院 さららです!よろしくお願いします!

ご覧いただきありがとうございます。

 

このたび、京都府福知山市にて助産院「さらら」を開業いたしました。

場所は福知山市立上川口小学校近くです。

 

つまり、すこ~しばかり、田舎ですが、困ったときにいつでも来ていただけるような場所でありたいと思っています。

ご妊娠中の方、育児中のママやパパ、おっぱいでお悩みの方、そのほか、思春期や更年期のご相談にも応じます。

 

月曜~金曜の10:00~17:00、予約制にてご対応させていただきますが、乳腺炎等、緊急時は時間外でもご相談ください。

 

 

助産院 さらら

助産師 奥村恵子

京都府助産師会 丹後支部交流会のご案内

医療費抑制政策、少子化、医師不足、助産師・看護師などの医療者の不足により京都府北部のような地方の医療は危機的状況の中、綱渡りで現場の医療者の努力により維持できている状況です。京都府助産師会丹後支部では、地域の母子が退院してからの子育てにつながる支援が十分に受けられない状況や、医療者の過酷な労働と母子に向き合う時間の不足から疲弊感、無力感など、様々な現場の不安の声を聞いています。そのような状況の中、母子にも、医療者にもやさしい周産期医療の現場の実現が必要であると考え、そのために何かできないだろうか?と考えています。

その第一歩として、立場や、施設を超え、「京都府北部の母子の未来を考える一人の人として」現状を分かち合い、日頃の思いを寄せあいたいと今回、「周産期医療に関わる医療者の集い」を開催致します。

助産師だけでなく、医師、保健師、看護師、その他周産期医療に関わる医療者の方にぜひご参加いただきたく、気軽に交流しながら、顔と顔が見える関係を築き、京都府北部の周産期医療の現状と課題について共に考えていきたいと思います。皆様のご参加お待ちしています。

日時 11月23日(祝) 10時30分~15時

内容 10時30分~グループでシエアの時間日時

12時~昼食会 全体交流

14時 終了(15時まで滞在可)

場所 福知山市 サンプラザ万助

福知山市篠尾新町3-88

参加費 2500円(食後の飲み物付き)

注! 当日は福知山マラソン開催日となっています。福知山市三段池公園から大江町、舞鶴までの由良川右岸沿いの府道はマラソンコースになり通行止めとなりますのでご注意ください。参加者、応援者の交通渋滞も予測されますので、交通手段をあらかじめ考え余裕を持ってお越しください。

主催 公益社団法人京都府助産師会 丹後支部

お申込み・お問い合わせ

お申込みは下記連絡先へお電話か、メールでお願いします。(申し込み締め切り11月15日)

参加がぎりぎりまでわからないため迷われている方はご相談ください。

京都府助産師会 丹後支部長 新宮 美紀 携帯 090-9691-4821

メール miki-shingu@nifty.com

奥村 恵子 携帯 080-4641-0960

メール salala.okumura@gmail.com

たくさんの方のご参加をお待ちしております。

最後までお読みいただきありがとうございました。

移転のお知らせ

助産院さららは、京都府京都市を中心に出張開業してまいりました。

これまでたくさんの親子さまに出会うことができました。

 

さて、このたび、京都府福知山市に転居することとなりましたので、ご報告いたします。

今後は、京都府福知山市、兵庫県丹波市を中心に出張ケアを受けたまりますので、何卒よろしくお願いいたします。

児童館さま、保育園さま、企業さまからの講座依頼も受付中です

開業助産師として、保育関係者さまや企業さまからの講座・講演依頼も多数いただいております。

今日は児童館さまにて、母乳育児に関する講座をさせていただきました。

母乳が出るしくみから、スムーズな母乳育児のための食事や、簡単なマッサージ、卒乳・断乳などについてお話させていただきました。

 

bonyuu

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今後もたくさんのママや赤ちゃんのお役に立ちたいと思っております。

保育関係者さまや企業さまからのご依頼があれば喜んで対応させていただきます!

 

今までの講座・講演内容

・ベビーマッサージ

・マタニティヨガ

・産後ヨガ・親子ヨガ

・リフレクソロジー

・性教育(いのちのお話)

・母乳お話

そのほかの内容でも、ご相談くださいませ

 

 

性教育にも力を入れています

こんにちは。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

日々さまざまないのちの現場に向き合う助産師の立場から、

こどもたちに「いのち」についてお話しています。

 

助産師としてのたくさんの出会い

受精、妊娠、出産の奇跡と軌跡

二次性徴

思春期の悩み

命のバトン

 

などなど・・・

 

さまざまなお話をさせていただいています。

 

日本の性教育は遅れていると言われていますが、幼い頃から性について正しい知識を得ておくことで思春期以降にゆがんだ情報が入ってきても、修正できるそうです。

年度末は性教育講演の依頼が続きます。

分かりやすくお伝えできるようこれからも頑張ります。

 

DSC01007blog DSC01019blog

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします

謹んで新年のお慶びを申し上げます

昨年も、出張ケアや助産師会の事業、保健センターのこんにちは赤ちゃん事業等でたくさんのママと赤ちゃんにお会いすることができました

皆さまありがとうございます

 

本年もママと赤ちゃんが楽しく安心して日々を過ごせるようお手伝いさせていただきたいと思っております

皆さま、本年もどうぞよろしくお願いいたします

年末年始休業のお知らせ

2015年もたくさんの方との出会いに支えられた1年でした。

今年も皆さま ありがとうございました。

助産院さららは、勝手ながら

年末年始、2015年12月29日~2016年1月3日まで、休業させていただきます。

なお、乳腺炎等、急を要する場合はご相談くださいませ。

来年も何卒よろしくお願いいたします。

 

助産師 奥村恵子

おむつなし育児アドバイザーになりました!

以前から気になっていた

 

「おむつなし育児」

 

おむつを全くしない育児方法ではありません。

赤ちゃんに、できるだけ、おむつの外で排泄させてあげることなんです。

 

そのためには、赤ちゃんからの排泄のサインを見逃さないことが大事!

なので、今まで以上に赤ちゃんのことをよく見るようになるのです。

そして欲求が満たされている赤ちゃんは機嫌がいい

赤ちゃんが嬉しいとお母さんも嬉しいですよね(^^

このような心理的なメリットの他に、

赤ちゃんはおしっこがすっきり出し切れるので膀胱機能が鍛えられる

おむつの中で排泄物が肌に触れることが減るのでおむつかぶれが減る

おむつのゴミが減り環境にやさしい

など、うれしいことが 盛りだくさんのおむつなし育児

 

とはいえ、はじめから完璧にできるわけではありません

うまくいったりいかなかったり

失敗して当たり前

ゆる~く始めて、ゆる~く続けることがポイントのようです

 

imagesL3TV73IQ1 imagesMOV590RP1 imagesPO5GL9Z21